足の爪に白い線が・・・

爪水虫に効果ある治し方は?

友人たちやネイルサロンのスタッフさんにも褒めてもらっていた自慢の私の爪ですが、爪水虫に感染してしまいました。

 

絶対に、みんなに褒めてもらっていた頃の爪に戻したい!と爪水虫の治し方を調べ始めました。

 

 

フットネイルが出来ないほど足爪がでこぼこならこちら

 

 

 

爪水虫なったら、まずはこれ以上悪化させないことが重要です。
 
高温多湿となる靴の中は、白癬菌がとても繁殖しやすくなります。

 

まずは、足を清潔に保つために足を綺麗に洗い、しっかり乾燥させるようにします。

 

 

また、となりの足爪への感染を防ぐためにも足指靴下を履くようにします。

 

靴下の替えも持ち歩くようにして、蒸れたら履き換えて出来るだけ蒸れた状態が続かないように注意します。

 

それから、家でのリラックスタイムにはトーセパレーター等を使って指と指の間に隙間を作っておくのも良いですね。

 

家族間の感染にも注意して、バスマットやスリッパの供用はしないようにします。

 

 

 

悪化させないための対策をしたら、次は具体的な治療についてです。

 

 

爪水虫の治療は、皮膚科に受診するのが一番確実な方法と言われています。

 

皮膚科に受診したら、内服薬で治療していきます。

 

内服薬を使っても、完治するには個人差がありますが半年から1年程はかかるようです。

 

何故なら、爪が生え換わるまで薬を飲み続けないと再発を繰り返してしまうからです。

 

 

 

ただ、内服薬の場合、肝機能などに持病を持っている方や、高齢者、妊娠中の方は薬を使えない場合があります。

 

また、長期的に服用しなくてはならないので副作用が出やすい方も注意が必要です。

 

 

 

他にもレーザーで治療する病院もあるようです。

 

レーザーは副作用の心配もなく、安全性も高い治療方法ですが、実費になってしまいます。

 

レーザーも内服薬と同様に長期的な治療になるので、医療費は高くついてしまいます。

 

効果はとても期待できるそうなのでお金さえかからなければって思いますよね。

 

 

 

そして最後は、病院にかからずに治療する方法です。

 

外用薬に頼る方法で、レーザーと同じく内服薬のような副作用の心配をしなくてもすみます。

 

直接爪に塗り治療しますが、昔は爪に塗るタイプのものは浸透力がなく効果を期待出来ないと言われていました。

 

しかし、クリアネイルショットという浸透力がとても強いジェルタイプの商品が注目されているみたいです。

 

特に爪水虫の初期症状であれば効果は特に期待できるそうです。

 

 

 

水虫で病院って言うとなんだか恥ずかしさもあるんですが、病院に行かない治し方があるならちょっと頼ってみたいですね。

 

クリアネイルショット、試してみようかな!!

 

そして、また自慢できる爪に早く治したい!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ